歴史

元々  という良く知られていたカフェバーのオーナー、 氏が70年代の初めにカフェレストランも始めたく、この建物を1975年に購入、ビストロにしました。壁にタイルを張って、教会のベンチに味のある古木テーブルのインテリアにしました。その時代のレストランは規模が小さく、改造されて現在の74席になりました。

最初からLodewijks氏の理念に従って気軽な雰囲気で品質の高い、ピュアな料理を提供させていただきます。レストラン・ルシアスではすべてが可能です。ある魚を違う調理方法で?いくつかの料理をつまみたい?お客様の要望に喜んで対応します!Lodewijks氏はこのレストランの理念と基礎を作り上げました。彼は現在もアドバイザーとして私たちをサポートしています。

レストラン・ルシアスは開店当初から国内外のお客様に馴染んでいただける場所です。年々外国からのお客様も多数お迎えできて光栄です。その中、ロシア、アメリカ、中国、イギリス等のお客様もいます。メニューはすでに9ヶ国語で作成。勿論アムステルダムとその周辺からのお客様も多数います。

なお、未だにインテリアにスタイリストが手を触れていません。居心地のよい真正のインテリアがご期待できる雰囲気を表現します。20年間使用した椅子はまた全く同じ椅子と取り替えました。それ程のこだわりようです。